頭皮にフケが出る5つの原因と対策を解明!

フケの5つの原因と対策 育毛発毛ニュース

「肩にフケが落ちていないかが常に気になる。」

「毎日シャンプーしているのにフケが出る。」

などの悩みをお持ちではないでしょうか?

せっかくビシッとスーツでキメているのに肩にフケが乗っていると不潔な印象を与えてしまいます。

実はフケの原因は不潔にしていることがだけが原因ではなく、逆に清潔にし過ぎてフケがでる場合もあります。

このページは、フケの5つの原因とその対策について徹底解説しています。

フケには2パターンある

フケには2パターンある

フケの原因は大きく分けて2パターンあります。

乾燥性のフケ脂性のフケです。

全く正反対のように見える2つのフケの原因についてそれぞれ説明していきます。

乾燥が原因で出るフケ

髪の毛を掻き上げた時や髪の毛を振り乱したりした時にポロポロと落ちるような、パサパサした白いフケは乾燥タイプのフケです。

乾燥タイプのフケが出る原因は、頭皮を守る皮脂が少なすぎることで免疫力が低下し、頭皮が新しく生まれ変わるサイクル(ターンオーバー)が乱れてしまってはみ出してきたモノが乾燥フケです。

顔のお肌と同じように、冬の乾燥してる季節に石鹸で顔を思い切り洗うと顔が突っ張ってしまってすぐに乾燥して顔に粉が吹き出す現象と同じ仕組みです。

脂性が原因で出るフケ

少し黄色っぽい白色をしていて粘り気のあるのが脂性タイプのフケです。

脂性タイプのフケが出る原因は、頭皮の汚れです。頭皮が健やかでなくベトベトした状態にあると汚れが付着しやすく、汚れをそのままにしておくと雑菌が繁殖します。
不潔な皮脂はスムーズに剥がれ落ちることがなくベタベタした脂性のフケとなります。

脂性のフケは、頭皮を不潔にして皮脂や汚れが溜まってしまうことが原因ですが、反対に皮脂を取り除き過ぎる(洗浄し過ぎる)ことでなくなった皮脂を補おうと過剰分泌した皮脂からフケとなってしまうこともあるので適度な皮脂を保つ為には保湿が大切になります。

乾燥タイプのフケの原因

乾燥タイプのフケの原因

カサカサ乾燥タイプの白いフケの原因をいくつか紹介します。

紫外線に当たる

原因のひとつとしては、紫外線に当たることによって頭皮を直接的に乾燥させてしまうことが原因で乾燥タイプのフケを生みだします。

特に、薄毛の人やお仕事などで長時間屋外で仕事をされる方は、頭皮に多くの紫外線を浴びる可能性が高いので特に注意が必要です。

対策
・外に出る時は帽子をかぶる
・頭皮にも使える日焼け止めスプレーを頭皮に掛ける

シャンプーで洗浄のし過ぎ

お風呂で毎日シャンプーをしている人がほとんどだと思いますが、シャンプーのし過ぎには注意が必要です。

良かれと思ってしっかりとシャンプーをしていることが、かえってフケの原因となってしまう可能性があります。

頭皮には乾燥から守ってくれている皮脂があります。しかし、この皮脂が多すぎたり、長い間放置してしまうと、汚れが付着して雑菌が繁殖したり、悪臭を放ったりして良くはありません。

頭皮の皮脂は、すべてなくなってしまうと頭皮のバリア機能は低下するし、余分にありすぎると不潔からくる悪影響を及ぼすことになります。

シャンプーをすることで頭皮にある余分な皮脂を取り除くことができますが、過剰な洗浄となると乾燥から守ってくれている皮脂をすべて取り除いてしまい頭皮を乾燥させてしまうことになるのです。

この間の絶妙な環境に頭皮を保つには、洗浄効果の高すぎるシャンプーを使わないことや保湿力の高いシャンプーを使うことでちょうどバランスの良い頭髪洗浄を行うことができます。

対策
・適度な洗浄力のシャンプーをする
・保湿効果の高いシャンプーを使う
・頭皮を清潔に保つ

ストレスを多く感じる

ストレスは万病の元と言われていますが、ストレスはフケの原因になるとも言われています。

深い考え事をしたり不安に感じたりして自律神経が乱れると血液の循環が悪くなり、頭皮にも血液が回りにくくなって正常なサイクルでターンオーバーが行われなくなります。

ストレスは、薄毛や白髪にも影響してくると言われているので簡単にできることではないですが、できる限りリラックスしてストレスをため込まないようにしましょう。

<なんとかなる!>若白髪の7つの原因と対策をわかりやすく解説
白髪はだいたい30代後半から40代前半頃になってから本格的に映えだしてくるものです。 最近では20代から白髪が目立ちだす若白髪の人が増加しており、もっと早くは中学生の若白髪も聞くようになりました。 このページでは若白髪になる原因...
対策
・頭皮マッサージやヘッドスパでリラックスさせる
・自分がストレス発散できる方法を必死で考えて実行する
・瞑想をして心を無にする

脂性タイプのフケの原因

脂性タイプのフケの原因

粘りっ気のある脂性タイプのフケの原因を紹介します。

頭皮を不潔にしている

脂性タイプのフケは、頭皮を不潔にしていることが原因で出る場合が多いです。

頭を洗わないまま何日も過ごしていると、頭皮にある皮脂に汚れが付着して雑菌を繁殖させてしまいます。

脂性タイプのフケは、パラパラと落ちることはなく頭皮に付着したままなので剥がれ落ちることがなく溜まったままです。フケには痒みを伴うことがあるので、爪で頭皮を掻いてみると爪にくっつくことがあります。

頭を爪で掻く行為は頭皮を傷つけ、炎症の原因となるのでできるだけ我慢して掻かないようにしましょう。

対策
・頭を洗って頭皮を健やかに保つ
・頭が痒くてもできるだけ掻かない

シャンプー後のすすぎ残し

先ほどの”頭皮を不潔にしている”に通じる原因として、シャンプーをした後に十分にすすぎきらずにシャンプーや整髪料が頭皮に残ったままシャンプーを終えることで頭皮に残ったシャンプーや整髪用から最近が繁殖して脂性のフケを生む原因となります。

”朝シャンが頭皮に良くない”と言われている理由は、このすすぎが十分にできない可能性が高いからです。
朝は夜と違って、ほとんどの人が学校や仕事へ行かないといけないので時間がなく急いでいます。
急いでいる時はすすぎがあまくなり、頭皮にシャンプーが残ったままの状態でシャンプーを終えて雑菌を繁殖させてしまう可能性あるから朝シャンは頭皮によくありません。

裏を返せば、十分にすすぐことができるのであれば朝シャンは良い行為です。夜中に寝ている時に溜まった脂や汚れを洗浄して清潔に保つことができるのですから。

また、しっかりとすすいだ後でもドライヤーを掛けて髪の毛を乾かさずに長い時間放置すると、頭皮で雑菌が繁殖してフケの原因を作ってしまうことになります。

対策
・シャンプーをしっかり泡立てて洗浄する
・シャンプー後のすすぎ時間を十分に取る
・自然乾燥をせずにドライヤーでしっかり乾かす

フケに悩む中学生の原因

フケは大人だけの悩みではなく、中学生や高校生でもフケに悩んでいる人は多いです。

特に学生服には濃い色をメインとした学生服が多いのでフケが落ちていると目立ちやすく、学生の頃にフケを指摘されるとまだ精神的に強くない多感な時期なのでダメージは大きいです。

中学生のフケの原因も、先ほど紹介したフケの原因と同じです。

対策
・夜更かしをせずにしっかりと睡眠を取ってストレスを溜めない
・学校へ行く前に朝シャンをする場合は、しっかりとすすぐ
・自然乾燥をせずのドライヤーでしっかり乾かす

フケをごまかす方法

フケをごまかす方法

正直に言いますと、紹介したフケの原因についてすべて対策をしたとしてもフケがなくなるとは限りません。

フケは一見不潔に見られがちですが、毎日しっかりとシャンプーをして頭皮を清潔に保っていても何らかの原因でフケが出てしまうことはあります。

そこが防ぎようがないのなら、後はバレないようにどうごまかすかが大切になってきます。

白い服を着る

フケは白いので、服を白にすることでフケが服の上に落ちていることが気づきにくくなります。

通常の白い服でしたら、かなりの至近距離でじっくりと見てもフケを見つけることが不可能に近いと思います。

髪の毛を触らない

剥がれ落ちたフケは髪の毛に挟まっていることが多いです。

髪の毛を動かすことがなければフケは下に落ちることはありません。前髪やもみあげなど髪の毛を触ったり頭を掻いたりしてしまうとフケが落ちる可能性が高くなるので、できるだけ髪の毛にはタッチしないようにしましょう。

フケを定期的に払う

フケが出るのはどうすることもできない、フケが目立つ色の服を着ないといけない場合は定期的に肩周りをチェックして払い落すようにしましょう。

フケが落ちてしまっても気づかれる前に払い落してしまえば気づかれることはありません。

お手洗いへ行った時や鏡の前に行った時だけでなく、頻繁に確認して振り落とすようにしましょう。フケを気にする行為は身だしなみを整えようとする清潔な行為です。大人の中でもフケをチェックする行為は相手のことや自分のイメージを大切にしている証拠です。

フケの原因まとめ

フケの原因と対策について要点をまとめます。

乾燥性と脂性の2パターンのフケがある
頭皮は清潔に保つ
・シャンプーのし過ぎで皮脂の取り過ぎに注意
・ストレスや紫外線に注意
・フケは対策をしても止められない可能性がある
・フケが出るのは仕方ない!バレないように対策しよう

 

タイトルとURLをコピーしました