<写真付>薄毛に絶対ダメな髪型と似合う髪型紹介!上手く隠すコツ

薄毛にダメな髪型・似合う髪型 ヘアスタイル

自分の容姿にコンプレックスを抱えている人は多いですが、男性のカッコいいは容姿だけではありません。

仕事ができる、優しい、体格が良い、清潔感があると女性がカッコいいと思うポイントは様々です。
しかし、自分が満足するカッコいいと思う男になれているかという自己肯定感はかなり重要です。

容姿の中でも薄毛をコンプレックスだと感じて、薄毛を目立たないようにしたいけど髪型がまだ見つかっていない人は多いです。

このページでは、薄毛を隠す髪型のコツ薄毛がやってはいけないダメな髪型薄毛に似合う髪型うまくごまかす方法などを紹介しています。

薄毛を隠す髪型のコツ3点

薄毛を隠す髪型のコツ

ヘアカタログを見ているけど薄毛を目立たせたくない髪型が見つからない方は、こらから紹介する3つのポイントを抑えておけば自分に似合う髪型が見つかるはずです。

コツをしっかり押さえておけば、薄毛が絶対にやってはダメな髪型にはならずにすみます。

短髪にする

薄毛の人が似合う髪型の定番は間違いなく短髪です。

長い髪は逆効果

薄毛を気にしている人が薄毛を隠すためにやりがちなことが、「髪の毛を伸ばして多いと見せかける」です。

これは逆効果でダメな髪型です。

見ている側は、髪の毛が長い分ボリュームがあることを想像しているのに実際はボリュームがなく向こう側が透けて見えてしまっていたりして少ないと感じさせてしまいます。

M字ハゲは逆に隠さない

М字ハゲ

前髪も同じく潔く短くしてしまった方が薄毛が目立ちにくいです。

M字ハゲを隠そうとして剃り込み部分を前髪で覆いかぶせて隠そうとする人がいますが、これも逆効果です。

覆いかぶせている髪の毛の長さは長くても量が少ないので透けてM字部分が見えてしまい、逆に目立ってしまいます。隠そうとして失敗してしまっているダメな髪型です。

ここは潔く短くしてしまった方が目立ちません

トップにボリュームを出す

後頭部から薄毛になる通称”つむじはげ”の場合は、トップ(頭頂部)にボリュームを出すことが薄毛を上手く隠すコツです。

つむじはげの場合は、後頭部のボリュームが少なくなりサイドにはボリュームがあるので正面から見ると四角形のような形になってしまい不自然に見えてしまいます。

そこでトップにボリュームを持たせることで自然な頭の形を表現することができます

髪の毛が少なくなっているのでボリュームを出しにくいですが、方法はソフトモヒカンのようなサイドはかなり短く中心部分は眺めで立たせぎみな髪型にしたり、スタイリング剤を使って少しクシャクシャっとしてボリュームを出します。

サイドを短くする

トップとサイドのボリューム差から薄毛感を感じてしまうので、トップにボリュームが出しにくい場合は側頭部を短くしたり空いたりすることでトップにボリュームを持たせることと同じ効果があります。

分け目を作るのはNG

髪の分け目

これは薄毛の人なら直観的に当たり前だと気づくと思いますが、分け目のある髪型はダメな髪型です。

薄毛は髪の毛が抜けてなくなってしまっているというよりは、髪の毛1本1本が細くなってしまっています。

ですから、分け目を作った時に地肌が見えやすくなってしまい薄毛が目立ちやすくなるのです。

分け目を作る場所によっては問題ありません。

側面部はほとんど薄毛にならないと言われているので、側面部なら大丈夫ですがセンター分けはとても危険です。センターは一番薄毛の影響を受けやすいうえに、一番相手から見られやすい部分ですから。

七三分けは少し危険ですが、薄毛の度合いによっては薄毛を上手くごまかせる髪型となります。

薄毛がやってはダメな髪型とその理由

薄毛がやってはダメな髪型を紹介していきます。

※紹介するモデルさんは薄毛ではありません

分け目のあるヘアスタイルは一番ダメな髪型

センター分け出展:ビューティーBOXヘアスタイル

薄毛が一番やってはいけない髪型がセンター分けです。

一番見られやすい正面から、分け目に広がった地肌が見えてしまうので薄毛をアピールしているくらいに大胆なヘアスタイルになります。

 

七三分け出展:ビューティーBOXヘアスタイル

七三分けはセンター分けと変わらず薄毛がバレやすい髪型ですが、分け目が分からないように七三分けが作れたら問題ありません。

このヘアスタイルは、美容室でカットをしてもらっても毎日自分でスタイリングができないと意味がないので美容室でカット後にスタイリングのコツを教えてもらうことをオススメします。

ロン毛・長髪

ロン毛

薄毛の人は髪の毛がすくないことがコンプレックスなので、できるだけ髪の毛が多いように見せようと伸ばしがちですが、薄毛のロン毛は良くありません。

見た目は、髪の毛が長いと髪の毛が多いという印象を与えながらも実際は薄毛なので少ないのでスカスカ感を感じさせてしまいます。頭部あたりは髪の毛の重さでペタンコになってしまい、薄毛感を披露してしまうダメな髪型です。

薄毛のロン毛は見た目以上に良くない点があります。

ロン毛にすると、シャンプーで頭皮をしっかりと洗浄しにくいので毛穴の汚れが落ちにくく毛穴が詰まりやすくなり薄毛を促進させてしまう可能性があります。

また、頭皮が蒸れやすい状態にあるので夏なんかは特に頭皮に雑菌が溜まりやすく、薄毛を進行させる可能性があります。

薄毛部分を無理やり隠そうとするダメな髪型

薄毛を隠す髪型

薄毛部分を隠そうとして他の場所から無理やり髪の毛を持ってくる人がいますが、これは逆効果です。

見ている側は違和感を感じてしまうので逆に目立ってしまい薄毛に気付かれてしまいます。

分かりやすい例が、年配の方によくみられるバーコード禿げタイプです。

バーコードはげ

髪の毛の多い側頭部から髪の毛の少ない頭頂部へ無理やり引っ張っていってできるだけ地肌を隠そうとしています。見ている方はすごく気になってしまいます。

おでこからくる薄毛も同じで、前髪でМ時部分を隠そうとするとスカスカな状態になって違和感があり逆に目立ってしまうダメな髪型です。

薄毛が似合う髪型

薄毛が似合うメンズの髪型を紹介します。

※紹介するモデルさんは薄毛ではありません

短髪

短髪出展:ビューティーBOXヘアスタイル

何と言っても薄毛が似合う髪型は短髪です。
薄毛部分を隠そうとしていないという点では勇気がいる髪型なのかもしれません。

見ている側は直観的にトップ(頭頂部)にボリュームがないと感じると「あの人は薄毛なのかな」と感じてしまう傾向にあります。

ダメな髪型として紹介したロン毛などトップの髪が長いと髪の重さでペタンコになってしまってボリュームなく感じてしまいますが、短髪の場合はボリュームが出しやすくかえって薄毛が目立ちにくくなります。

ソフトモヒカン

ソフトモヒカン出展:ビューティーBOXヘアスタイル

短髪の中でもサイド部分が短くトップにボリュームを持ってきやすいヘアスタイルがソフトモヒカンです。

トップの長さが長すぎると立ち上がらずに寝てしまってボリュームの無さが露呈されてしまうので、トップの長すぎないソフトモヒカンにすることがポイントです。

ツーブロック

ツーブロック

サイドとトップのボリュームに差を付ける一番わかりやすい髪型がツーブロックです。

ツーブロックは基本的に側頭部は刈り上げるのでトップのボリュームが目立ちやすくなります。ただ、注意しないといけないのが側頭部を覆いかぶせるようなタイプのミディアムなツーブロックではいけません。短髪のツーブロックというところがポイントです。長髪の場合はいくらツーブロックでもダメな髪型となります。

坊主

坊主

薄毛が目立たない髪型というよりは、薄毛だとバレてはしまうけどとても好印象を与えることができるのが坊主です。

なぜなら坊主は短い髪だけども、どのくらい髪の毛が生えているか見えてしまうので薄毛だとバレてしまいやすいです。しかし、「潔い」というのは薄毛を隠そうと薄毛に似合うカッコいい髪型を見つけるよりもトータルで見てカッコいいからです。

思い切って坊主をすることができればこのヘアスタイル以上はありません。

ただし、坊主がキマッて見えるには、顔や雰囲気、キャラクターなんかも大きいのです。

坊主が似合わない人の特徴

  • 目がくりくりした可愛らしい童顔
  • 体が華奢でヒョロヒョロした体格
  • 頭の形が悪い

女性的な美しいタイプのおしゃれ坊主な男性もいますが、やはり坊主は男らしい人が似合う傾向にあります。

どんな顔や体格でもヒゲを生やしていたらそれなりに坊主は似合いますので髭を生やせる環境であれば無精ひげでも良いので生やした方が坊主はカッコよく見えます。

その他の薄毛をごまかす方法

髪型以外でも薄毛を隠す髪型を紹介します。

カラーリング

カラーリング

地肌が一番目立ちやすい髪の色が黒です。

薄毛の場合は地肌が見えやすいので黒髪の場合は地肌とのトーンの差があり地肌が露呈されてしまいます。

できるだけ地肌に近い明るさの髪の色にすると地肌が目立ちにくいのですが、実際の肌の色と同じくらいのトーンにするとなるとかなり明るい色に染めないといけません。

黒髪より少し明るい色にするだけでも地肌が目立ちにくくなるので、髪を染められる環境であればカラーリングをオススメします。

カラーリングがうまくいけば、たとえダメな髪型だとしてもごまかすことは可能です。

パーマ

パーマ

薄毛を目立たなくする髪型のオススメとしてパーマがオススメです。

トップとサイドのボリューム差をつけるのにトップにボリュームを出すという目的でもパーマはオススメですし、自然な形で薄毛部分を隠すことができます

別の場所から不自然に髪を持ってきて薄毛部分を隠すのは違和感がありますが、パーマならナチュラルに見えるので堂々と隠せます。

オンラインで薄毛の無料相談

薄毛の似合う髪型・ダメな髪型について紹介してきました。

今は医療の力で薄くなった髪の毛も薬を使えば生える時代になっています。

更にネットが普及した今では、通院しなくても対面と変わらないTV電話でのオンライン診察と診察内でお客様と相談して決められた治療薬の処方を郵送で送ってもらうことが可能です。

< AGAヘアクリニックのオンライン受診のメリット >

  • 通院する時間が取れなくても大丈夫
  • AGA治療のことを絶対に誰にも知られない
  • 診療費用を明確に提示されるので安心
  • 薄毛治療のスペシャリストによるテレビ電話診察が何度でも無料
  • 無料カウンセリングも通院せずにオンラインでOK

詳しくはこちら 

タイトルとURLをコピーしました